12/23
水曜日
今週の食材:にいがた和牛

韓国風にいがた和牛肉じゃが

にいがた和牛のうまみがしみたご飯がすすむピリ辛味の肉じゃがを作ります。素材が良いのでだしは使わず調味料も控えめです。

食材

にいがた和牛

にいがた和牛

新潟県内で育てられた黒毛和牛で、品質規格等級がA-3、B-3以上のものを「にいがた和牛」と呼びます。そのうち村上市・岩船郡・胎内市で肥育され出荷された肉質等級4・5のものを「にいがた和牛村上牛」と呼びます。

movie

材料(2人分)

  • にいがた和牛(切り落とし)

    150g

  • じゃがいも

    中2個

  • にんじん

    1/2本

  • 長ねぎ

    1本

  • ごま油

    大さじ1/2

  • 適量

  • 大さじ1

  • 砂糖

    大さじ1/2

  • にんにく(薄切り)

    1片分

  • しょうゆ

    大さじ1

  • コチュジャン

    大さじ1/2

  • 白すりごま

    適量

作り方

  • 1 じゃがいもは大きめの一口大に切り、水でさっと洗い水気を切る。にんじんは一口大の乱切りにする。長ねぎは斜め切りにする。
  • 2 フライパンにごま油を熱し、じゃがいもを入れ、外側が半透明になるまで炒める。にんじん、長ねぎの白い部分を加え、油が回るまで炒める。
  • 3 ひたひたの水、酒、砂糖、にんにくを加えてさっと混ぜ、にいがた和牛を入れる。ひと煮立ちしたらアクを取り、落とし蓋をして中火で5、6分煮る。
  • 4 しょうゆ、コチュジャン、長ねぎの青い部分を加えてさっと混ぜ、落し蓋をして煮汁が少し残るくらいまで煮る。
  • 5 器に盛り白すりごまをかけて完成。
  • 肉1枚が大きく長い場合は5cm幅ほどに切ってから使います。肉は炒めずに煮ることで柔らかく仕上がり、肉からのだしも出やすくなります。アクには旨味成分も含まれるので取りすぎないようにします。煮汁が少し残るくらいまで煮ると全体に味がなじみます

master

家庭料理の達人

若木 ふよ子

フードコーディネーター

若木 ふよ子

旬を生かしたレシピ提案・商品開発等、佐藤智香子率いる「食のプロデュースチーム」です。

達人のいるお店

ワイオリキッチン

新潟県新潟市中央区

http://www.waioli-k.com

この達人の他のレシピ

pagetop